いつまでも畑に出ていたい!
そんなあなたの強い味方になります。

週に20時間も事務作業されてる農家さんと
週に6時間だけ事務作業されてる農家さんの
違いとは?

気になる方はご連絡を

8年間の農家での運用から得たノウハウを集約した、現場で“本当に使える”販売管理・出荷管理のシステムです。

伝票作成や申告の為だけに入力作業をするのはもったいない!業務全体を効率化しましょう!

基本、伝票入力をしなくてもよくなることを目指しています!

導入しておけば、消費税8%と10%の混在した軽減税率が始まっても安心です!


シンプルワークには、顧客管理、定期購入管理、受注・売上・請求・入金管理、商品管理、在庫管理などの機能があります。
出荷の業務をサポートする各種帳票の印刷も出来ます。

受注から出荷とその後の入金管理までをトータルでサポートしますので、シンプルワークに情報が集約され、販売と出荷にかかる時間を大幅に短縮できます。

「エクセルなどの表計算ソフトで頑張って管理している方」「複数のソフトを使ってうまく連携できず苦労している方」「手書きで管理している方」は、シンプルワークの導入で、すごく楽になりますよ!

クラウドのシステムなので、出荷所、圃場、自宅のどこからでも、パソコン、タブレット、スマホの端末は問わずご利用できます!

新規就農者にもオススメ!
成功している先輩農家の経験とノウハウが集約された効率の良い事務管理を すぐに実践できます。
その結果、事務作業全体の効率化が図れます。

ご導入頂きやすいように、農家応援価格として、他のプランより かなり価格を抑えています。

まずは、無料の製品デモで、その便利さを体感してください!

会計ソフト「freee」などと請求データや入金データを連携することで、申告も楽になりますよ!

主な便利機能
  • 複雑な設定も可能な定期購入管理 ... 定期購入者の管理がものすごく楽になります。自動で伝票が作成されます。
  • 顧客個別対応のための各種機能 ... 顧客の細かなニーズに漏れ無く対応するためのサポートをします。
  • 複数伝票・一括処理機能 ... 急な欠品や差し替えのときでも慌てなくて大丈夫。複数の伝票を簡単に一括で修正できます。
  • ピッキングシートの印刷 ... 出荷当日の収穫目安を把握できます。
  • 送り状データ出力機能 ... 手書きや入力の手間無く“送り状”を発行可能。ヤマト・佐川・ゆうパックの大手3社標準対応。
  • 委託販売の対応 ... 出荷時に売上が確定しないケースの対応や委託先の在庫管理まで出来ます。
  • BtoB機能 ... 小売店・飲食店などの卸先からスマホ等でネット注文受付可能。
導入価格

ミニマム導入パック

・初期費用:3万円

・月額利用料:7,000円

※ 金額は全て税別です。

ITに詳しく初期設定・初期データ入力を自分で頑張る方向けです。※ 使いこなせずに終わるケースが多いため、現在、新規受付を中止しています

お任せ導入パック

・初期費用:8万円

・月額利用料:7,000円

初期費用の分割払いはご相談に応じます。 ※ 金額は全て税別です。

取引先や商品の情報をご提出頂き、当社にて初期設定・初期データを準備してご提供。すぐにご利用開始できます。

 

おもてなし導入パック

・導入費用:30万円

 ※月額4,000円分のオプション機能付きで 1年分の標準利用料・保守料込み

  → “小規模事業者持続化補助金”利用の場合は1年分5ヶ月分+出張旅費込み

 ※出張サポートが1回分付いています

 ※現状と理想を考慮した販売出荷管理のコンサルティングも致します

 ※IT導入補助金の利用により実質15万円相当で導入可能!
  (計80万円以上の契約時)

 ※小規模事業者持続化補助金の利用では実質10万円で導入可能!

・月額利用料(2年目以降)7,000円

導入費用の分割払いはご相談に応じます。 ※ 金額は全て税別です。

ご訪問で現状確認。当社で準備を行い手厚いサポートでご利用開始できます。

IT導入補助金について

生産性や経営力の向上を図るITツール(ソフトウェア、クラウドサービスなど)の導入に対し、導入費用の一部を補助してくれるIT導入補助金というものがあります。

補助率が1/2で、導入コストが1/2になるため、大変魅力的なのですが、補助下限額が昨年は15万円だったのが2019年は40万円となってしまった為、80万円(税別)以上のご契約でないと対象では無くなってしまいました。従いまして、「おもてなし導入パック」+システムと連動するホームページを一緒に導入するようなケースでないと、ご利用が難しいです。このときの「システムと連動するホームページ」とは、独自のショッピングカート機能を付けたり、定期購入会員専用サイトを立ち上げて追加注文や着時間の変更等を受け付けたりして、それらがシステムに自動で反映されるようなホームページのことです。IT導入補助金について興味のある方はご相談ください。

 ※2019年2次公募・交付申請期間:
2019年7月17日~2019年8月23日 17時

この補助金は、IT導入支援事業者が支援して、事業計画やITツールの必要な理由や導入効果を、申請用のWEB画面に入力して申請する仕組みのため、他の補助金に比べると、あまりお手間はかかりません。

IT導入補助金の公式ホームページは https://www.it-hojo.jp/ です。

価格の詳細はコチラをご覧ください。